大阪占いサロン観音庵 Blog

七五三

占いサロン観音庵 福島店 菩提です。

スーパームーンの陰に隠れて、例年ほど言われていませんが、11月15日は「七五三」

七五三は、徳川家光の子供で徳松(後の将軍綱吉)が、身体が弱かったため、その健康を願ったのが始まりとされています。

徳松の健康を願った日が11月15日。
その後、徳松がスクスクと育ったことから、その日にあやかって、七五三の日として広まったそうです。

また、旧暦の15日は、二十八宿の鬼宿日(きしゅくにち)、鬼の出歩かない日に当たり、結婚する以外は何事においても吉であるとされた日です。
また、旧暦の満月の日の15日に合わせたとか、七五三の全てを足した数が15になるからとも、いわれています。

七五三は、女の子が、3歳と7歳。
男の子は、3歳と5歳。
それぞれの意味があります。

3歳…髪置(かみおき)
男女共、髪を伸ばし始める。

5歳…袴着(はかまぎ)
男子の衣服である袴を着る。

7歳…帯解(おびとき)
女子の着物帯の装い始め。

今では、年齢も「かぞえ年」から「満年齢」に変化しつつあります。

写真館は、子供の晴れ姿を記念にと賑わいます。
ですが、昔も今も、この日まで無事に成長したことへの感謝と、今後の成長と長寿を願う親の気持ちは変わりません。

七五三は、神様へ感謝と祈りを捧げる日です(^-^)

菩提

七五三

関連記事

最近の記事

  1. 2020.02.14

    恋の形

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

090-6666-7373

※鑑定中は電話に出られないことがあります。
こちらよりお掛け直しますのでよろしくお願いいたします。

LINEでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ、ご予約も承っております。

占いサロン観音庵 LINE

観音庵出演スケジュール

直近のイベントはありません。

PAGE TOP