大阪占いサロン観音庵 Blog

春の訪れ

占いサロン観音庵 福島店 菩提です。

春の訪れ

今年は、先週の土曜日18日が、立春から15日目の「雨水(うすい)」でした。
「空から降るものが、雪から雨に変わり、氷が溶けて水になる」という、意味だそうです。
春一番が吹くのも、この頃といわれています。

さて、春の風物詩といえば「いかなご」。
いかなごの大きくなった「ふるせ」の漁は、今年は水揚げ量が少なかったため、終漁となりました。

「新子」の漁は、28日の試験操業を経て、漁の日が決まります。
漁日が決まると、鮮魚コーナーには「いかなご」を求めて行列ができます。
そして、各家庭からは、いかなごの釘煮を作る、砂糖醤油の香りがしてきます。

なぜ「くぎ煮」と呼ばれるのかというと、いかなごの姿からきています。
醤油を絡められ、飴色に輝くいかなごは、少し曲がった錆びた釘に似ているからです。

今年のいかなごの漁獲量は、昨年よりも、大幅に下回るといわれています。
それは、海水の温度が高いこと。
魚を食べる魚が増えたこと。
餌となるプランクトンの量などが、原因となっているようです。

皮肉なことに、漁獲量が減少しているのに対して、人気は上がっています。
阪神淡路大震災のとき、お世話になった方々へ「くぎ煮」を送ったことで、その知名度が全国的になったためといわれています。

本格的な春の訪れは、次の二十四節気の啓蟄(今年は3月5日)を過ぎてからでしょうか。
三寒四温を繰り返しながら春に近づいていきます。
春の訪れを待ちわびる、今日この頃です。

菩提
いかなご漁

関連記事

最近の記事

  1. 2020.02.14

    恋の形

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

090-6666-7373

※鑑定中は電話に出られないことがあります。
こちらよりお掛け直しますのでよろしくお願いいたします。

LINEでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ、ご予約も承っております。

占いサロン観音庵 LINE

観音庵出演スケジュール

直近のイベントはありません。

PAGE TOP