大阪占いサロン観音庵 Blog

今話題の78歳のお二人

こんばんは龍徳です。

本日も午後から出張鑑定に出ておりましたが、久しぶりに良い天気でも湿度も低く、風もあり過ごしやすい一日でした^^
日の落ちるのも少し早くなってきてそろそろ秋の予感です♪

最近、テレビでは78歳の高齢の男性二人が注目されております。
一人はアマチュアボクシングの元会長さん、もう一人はボランティアで行方不明の2歳の男の子を発見した方。
テレビでは視聴率や話題性を重視しますので断片的な事しか伝わってきませんが、行方不明の子は多くの方々の尽力により発見されて良かったです。

そのボランティアの方がインタビューの中で仰った言葉
「かけた情けは水に流せ 受けた恩は石に刻め」
確かにその通りだなと思います。

鑑定に来らる方からのお話でも「〇〇してあげたのにお礼もない」という話は良く伺います^^;
先日は講座にて生徒さんがタオルくれると言ったのにくれないと仰っておられました^^

私は講座やブログにて承認欲求(他者欲求)と他社貢献のお話をします。
承認欲求とは簡単に言いますと「他人から認められたいという欲求」です。
これは多くの方が普通に持っておりますし、心理学者マズローの人間の基本的欲求の中の一つでもあります。

しかしこの承認欲求には低次と高次があり、低次のままですとその欲求が満たされないと不安や緊張を感じます。
他社貢献とは自分が社会(人)にたいして役に立つ、役に立てるか?という事です。
アドラー心理学で一番よく出てくる言葉ですが、「自分の価値は他者への貢献によって得られる」
これは理屈がなく、単純に他者に貢献する。それだけなのです。

同じ貢献でも承認欲求があれば「してあげた」となります。
他社貢献が身についている人はしてあげた事より「してもらった」ことに目が向きます。

それを鑑みて先ほどの言葉
「かけた情けは水に流せ 受けた恩は石に刻め」
を考察しますとかなり解りやすくなったと思います。

78歳の承認欲求の方、78歳の他社貢献の方。
このお二人の行いが同時に報道されることでまた考えさせられました。

学ぶことは日々の日常にもたくさんありますね。

心安らぐ占いサロン観音庵京橋店
大阪市都島区東野田町1-15-10-4階
090-6666-7373

関連記事

最近の記事

  1. 2020.02.21

    占い師の仕事

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

090-6666-7373

※鑑定中は電話に出られないことがあります。
こちらよりお掛け直しますのでよろしくお願いいたします。

LINEでのお問い合わせ

LINEでのお問い合わせ、ご予約も承っております。

占いサロン観音庵 LINE

観音庵出演スケジュール

直近のイベントはありません。

PAGE TOP